四柱推命の理解

四柱推命の理解 · 2020/04/01
四柱命式の通弁を聞く理由は、人生の岐路がかかった深刻な問題であれ、単なる好奇心であれ、誰でも"結果"を知りたがっているからだ。 もちろん結果は重要だ。 四柱推命学において実戦通弁が最終目標である理由もそのためである。 いくら理論が優れているとしても、人間の実生活に適用させることができなければ、小説を書くのと同じだからだ。 ​

四柱推命の理解 · 2020/03/28
生の性格は本能的だ。それで古書では生の関係を親子関係"と例えた。 "条件なしにくれる"(またはもらう)という言葉だ。親が子供の面倒を見るのが子供にとってどんな代価を望んで面倒を見るのか。 違う。 ​

四柱推命の理解 · 2020/03/24
あなたの人生は"成功した人生ですか?"、"失敗した人生ですか?"と質問すると、"失敗した人生"と答える人の方が多いでしょうか? 過ぎた時間に対する後悔も多いし、現在も一日一日心配と後悔が混じっているので、"いいえ"という答えが多いと思います。今日は四柱推命学的に見た人生で失敗した人々のパターンについて紹介したいと思います。 ​

四柱推命の理解 · 2020/03/21
運が上昇する人と下降する人は、様々な違いを見せるが、その一つがまさに態度だ。 上昇する運の流れの中にいる(または上昇する運に進入しようとする)人々の多くは危機意識を持っている。 本当に驚くべきことだ。 実際、命式を分析してみると、原局がかなり良く、運も上昇傾向にある人々が思った以上に慎重だ。 ​

四柱推命の理解 · 2020/03/18
傷官見官、剋洩交集、制殺太過… 内容は多少異なるが、共通して傷官と正官の関係を表現する四柱推命用語だ。 相談する時、特に女性は官星を夫と解釈して、傷官が多いと非常に悪く解釈する。 ​

四柱推命の理解 · 2020/03/17
四柱推命学の勉強をするときそれぞれの用語と状況があるが。。。 これを私たちの実生活に(または社会的現象に)どのように当てはめ、どのように定義づけばいいのか簡単なことではない。 例えば子平眞詮で格局が成格になるとその人が器が大きいと定義づけられるが... ​

四柱推命の理解 · 2020/03/14
運がいい方向に流れたらどうすればいいかについて調べる。運が良い方向に流れても、すべてに慎重を期さなければならないのは当然のことだ。 ​

四柱推命の理解 · 2020/03/12
未来の運が悪ければ、どう対処すればいいだろうか。まずは自分を低める必要がある。自分を低めるという意味は、大きな被害を減らそうという気持ちを持たなければならないという意味である。運が悪く入るのを完全に防ぐことはできない。言葉どおり、これは運だからだ。しかし、その運は変えることができる。運を変えることができるということは運が悪い気を減らすことができるという意味である。 ​

四柱推命の理解 · 2020/03/09
"元夫と私の命式の日支で合"になったのに、離婚したんです" 相談現場でかなりよく聞かれる質問だ。 四柱推命学で合はかなり多く使われる看命法だ。しかし、意味を正しく理解できず、活用方法もよく分かっていないようだ。 ​

四柱推命の理解 · 2020/03/05
私たちは生まれた年月日時を基準にしてその人の命式を分析し、運命を判断する。それでは同じ年、同じ月、同じ日、同じ時間、同じ運命を持って生まれた人たちは皆同じ姿で生きていくのだろうか? ​

さらに表示する