四柱推命について


実用的な学問、四柱推命学。。。

 

五つの動きという意味の五行は大自然の観点で一日という陰陽運動が四季を経るという意味に解釈されます。

 

すべての万物は陰陽に区別できるように,万物は五つの性質から分類できます。方位は東,西,南,北,中央に分流され、人の臓器は肝臓,心臓,胃腸,肺,腎臓に分流されます。

 

 "姓名学や風水学など、易学関連のすべての学問は四柱推命学を基本的に勉強しなければ近づけない学問です。四柱推命学が私たちが生きている社会や生活の中にとても根深くに位置しているという事実を知る必要があります。

 

単純に四柱命式を鑑定する学問だと知っていた四柱推命学が社会全般にわたって位置しているという事実はこれ以上見過ごしてはいけません。

 

その理由はこれから四柱推命学を通じて大自然の法則を理解し、理を体得し、もっと多くの暮らしの知恵を得て一段階成長をしなければならないからです。

 

 

五行を通じて人の性格や適性を把握する方法があり、それは大自然の運動性を基準に分類して使用します。五行は木,火,土,金,水を意味し、木は春,火は夏,土は仲立ちと連結作用、金は秋,水は冬です。

 

人の性格やスタイルを把握し知るということは私たちが生きている社会にどの程度の影響を及ぼしているか調べましょうか?春の気運をたくさん持って生まれた木型の人と秋の気運をたくさん持って生まれた金型の人は正反対の性向を持ちます。

 

ただお互いを知らない時には激しい衝突が起こるかもしれませんが,お互いの性向を知るようになったら理解ができ、お互いを認められます。

 

人の適性と職業を運命を通じて見るととても正確に知ることができます。それを見つけるのは現実的には難しいことですが、四柱推命学の立場から見ると難しくないことです。

 

自分と合った大学を探したり、職場を探すということが自分の人生にとって本当に大切だということはすべての方々が知っていると思います。それを簡単に解決できる方法が四柱推命学です。