実用四柱推命 · 2020/08/04
庚金の日干の中で庚子、庚申、庚辰の日柱が該当し、天干には庚金が3つあり、地支が申子辰の水局で構成された命式をいう。

実用四柱推命 · 2020/08/02
財星は官殺を生する。これを「財生管殺」という。 官殺が共同体社会を意味するので、その官殺を生する財星は「社会(または相手)への関心」と言える。 財星が社会に対する関心だから、能力的には分析能力であり、情報探索能力と言ってもいい。 企業家には契約の成立能力で···。芸能人にはファンとの疎通能力があるという意味で…

甲寅旬 · 2020/08/01
運命を決める割合は (1)生まれつきの<自分の運>運命が33.3%、 (2)与えられた<自分の環境>縁の背景が33.3%、 (3)作る<自分の意志>信念の創造が33.3%、 運命を知っているというのはいいことです。自我を知って自我を実現する知恵を得ることができるためです。 60干支(甲子~癸亥)で、その解決方法を調べてみましょう。

実用四柱推命 · 2020/07/30
調候で抑扶で見ても用神は湿ᅡ土だ。調候から判断すると水が用神であるという人もいるだろう。 しかし、一応命式の原局に水が非常に弱く、また運から来てもあまり役に立たない(旺者沖発の論理)

四柱推命入門講座 · 2020/07/26
天干は陰陽と五行が空から結合した無形の気運です。 純粋なエネルギーの気運だと思えばいいです。 ここで重要なことは無形というポイントに注目しなければなりません。

四柱推命の理解 · 2020/07/25
四柱命式の原局において、月支の重要性はいくら強調してもし過ぎることはない。 しかし、その月支ほど重要なのが日干だ。 極端に表現すると、命式の看命は日干と月支が中心で、残りの干支はこの二つを付随的に表現する手段に過ぎない!

四柱推命の理解 · 2020/07/22
四柱推命学の宮星論から見れば、年支は家柄、月支は父母を意味する。 したがって、伝統相性では年支を重視した。今もそんな場合が多いが、昔の結婚はほとんどが家柄の出会いだから。 年支は家柄、月支は父母、日支は配偶者、時は子供を象徴する。

占いサロン · 2020/07/21
2位:印星に偏った生徒 ​ 先生の立場で教えにくい生徒ランキング2位に上がった。 この人、本当に教えにくい。 なぜだろう? 自分自身を大切にする心は比肩劫財に偏った生徒とあまり差がない。

占いサロン · 2020/07/18
先生の立場で教えにくい生徒ランキング5位に上がった。 言い換えれば、先生の立場でもっとも教えやすい生徒だという意味だ。 勉強というのは先生がよく教えてくれる部分も重要だが、 生徒が自ら考えて悟ることがとても重要だ。

四柱推命の理解 · 2020/07/16
四柱推命の勉強を始めた時、ほとんどの人が聞いた言葉の一つが、 日干が身弱だと意志力が弱く、臆病で、鋭敏で、なんだかんだと…。 逆に身強は自信あり、意志力が強く、頑固で、臆病もなく、なんだかんだと…。 人の心は無数の形で表われるが、そのうち意志力を論じる時は身強・身弱の抑扶論で判断するが… この部分が問題が多い。

さらに表示する