人脈管理 · 2019/09/21
サラリーマンの宿命的な苦しみの一つは溢れる仕事より人間関係でしょう。人が住んでいるところはどこでもそうですが、特に職場はもっと多様で多くの人々と「仕事」という負担な壁を置いて関係を維持していかなければならないので、敏感なことが多く、関係維持に困難があります。 ​

占いサロン · 2019/09/20
このごろゲームと携帯電話のため、戦争のような葛藤を経験している家庭が多いです。"ゲームはどうして一晩中すべきですか"そして"中学校の時にゲームのため十日の間、泣きました。"など、保護者の悩みが多いです。最初は、ほとんど言葉での忠告で終わりますが、こんな過程が繰り返されながら、ある瞬間、コンピュータが壊れる場合を一度ぐらいは経験することになります。 ​

占いサロン · 2019/09/16
火の心理は未来志向的で、進取的、熱情的、感情変化、かっとなる性格、事理分別が明らかで、犠牲と奉仕精神、母性愛的な気質、話術、好き嫌いが明らかで、自己主張の明らかに、思いやり、同情心、暖かい感性の持ち主です。

占いサロン · 2019/09/11
四柱推命学では四柱命式を強弱に分け、これを「身強命式」、「身弱命式」と名づけ、これによる長所と短所、吉凶を分析する基礎としています。 それなら四柱推命学上身強、身弱とはどういう意味だろうか。「身強、身弱とは人の体が健康か弱いという意味ではありません。つまり日柱は身であり、印星と比劫が多くて強ければ身強に属し、食傷、財星、官星が多ければ身弱に属します。

占いサロン · 2019/09/07
最近、市中にタロ占いなど、様々な占術が多くの人々の関心を引いていて、そのような占術を学ぼうとする人が多く増えている傾向です。このように東西洋どこでも人が住む所であれば存在する学問が占術です。

生活風水 · 2019/09/05
人々は良いことなら何かに頼ることを厭わないです。風水をはじめとしてお守り、お祈りなど開運法を通じて良い気運を受け入れようと努力します。その中の一つが風水です。

神殺 · 2019/09/04
四柱推命学が追求する幸福論も一般的な観点の幸せと同じです。しかし、幸せな人生を営んでいくのは、言葉のようにそう簡単ではありません。相談を望む人々は生活のある部分に悩む場合、相談を希望します。

実用四柱推命 · 2019/09/01
世の中が科学化、電子化されれば、四柱推命学はなくなったり、退歩したりすると思ったのですが、むしろより活性化され、さらに学ぼうとする人々が増えている傾向です。過去に"産業化になれば機械がすべての仕事を処理し、人の役割が減ると雇用大乱として現れるだろう"と予想していたものが現代で見ると違うように、迷信だと無視した四柱推命学はむしろ羽ばたきのように活性化しています。

実用四柱推命 · 2019/08/29
合は五行が本来の自分の事をしなくて作用が止まり、冲は五行が本来自分の事ができなくて作用が止まります。つまり、作用が止まるという意味で合と冲は似ています。

占いサロン · 2019/08/28
易学に関する書籍や易学動画を見ると、数人の易者が"現代は昔と環境が異なるので、四柱命式の解釈の観点も変わるべきだ"と話す人々がいます。ある程度妥当だと思いますが、これはかなりの危険性を抱えていると思います。

さらに表示する