· 

【四柱推命入門講座】陰陽|世田谷区の占い師 昭晴


ベル四柱推命、六爻占術を勉強する空間です。これに基づき、踏み込んだ分析と専門性のある電話・LINE通話鑑定・対面鑑定・メール鑑定など、様々な形式で鑑定を実施しておりますので、お気軽にご相談下さい。

ご相談及びご受講のお問い合わせ

相談や授業中は電話に出られない場合がございますので、よろしければLINEやメールよりご予約ください。

 

電話 080-1391-4810


【四柱推命入門講座】陰陽

 

陰 / いん · かげ · 光の当たらない所

陽 / よう · 日の光 · 光当たる所

 

文字通り陰陽というのは冷たさと暖かさ。日陰と日なた、表と中、このように互いに対立する関係を陰陽と呼びます。

 

しかし、これを単に対立する関係だけだと考えるよりも、陰陽は互いに共存する関係だということが、より適した表現です。また、共生の関係だと理解して構いません。

 

どちらかがないと、もう一方はあり得ず、存在価値が無意味になってしまうからです。

 

一つの物体が存在すれば、お互いに必要な他の存在が必ず存在するという見方が、陰陽論で物事を眺める第一歩であり、始まりと言えます。

 

そして、陰と陽は常に固定的なものではなく、常に変化を追求します。

 

四柱推命では陰と陽に偏らない状態を中和と言いますが、それは四柱推命学で重要視される人生の目標です。

 

陰は中和をするために陽に動かそうとし、陽は中和をするために陰に変化しようとします。

 

◆陰陽の物像

 

物像とは?

 

物像は物の形状という意味で、四柱推命学では陰陽や五行などを物やある状態、自然の現象に例えて説明したものです。

 

◈陰の物像

 

月、女、下、左、闇、冷たさ、静的なもの

 

湿り気、弱さ、死、引き潮、柔らかさ

 

 

◈陽の物像

 

太陽、男、上、右、光、暖かさ、動的なもの

 

乾燥、強さ、誕生、満ち潮、硬さ

 

陰と陽が逆のようですが、月が沈むと太陽が昇り、男性のような女性がいる反面、女性のような男性もいます。全ての事物は陰陽の調和で構成されており、無限に繰り返し循環します。

 

※皆さんの周りに陰陽に対する物象を探して考えてみてください。


人生のお悩み事について相談が必要な方はいつでもお問い合わせください。

 

-昭晴-

                                

  宝石緑昭晴占鑑定所宝石緑

恋愛相性結婚不倫浮気離婚相手心理金運健康運仕事運などの

日常のさまざまなみを相談して運勢アップさせていただきます 


占いのお問い合わせ&予約はLINEやメールまで。