カテゴリ:通変星



【四柱推命心理分析】印星が多いと生じる問題| 世田谷区の電話占い鑑定師 昭晴
四柱推命の理解 · 2021/02/23
INPUTになると当然自然にOUTPUTになるはずだが、あまりにも多くの印星によって食傷に問題が生じると自分の表現能力、行動に積極的ではなく受動的で、迷いが多く、冒険的ではなく怠けてしまう…など実行のない考えばかりがいっぱいになる場合が多い。

【四柱推命人生論】中和された命式 VS 偏った命式| 世田谷区の電話占い鑑定師 昭晴
四柱推命の理解 · 2021/02/20
四柱推命学を勉強すれば多くのことを得ることができる。単純に命式の解釈だけが上手なのではなく、人生の知恵も得る。 観点の違いはあるだろうが、何でも一方に偏れば、それだけのリスク負担が大きくなる。同時にいろいろと気にしにくい。

感情で選択し、異性で責任を負う【恋愛結婚】| 世田谷区の電話占い鑑定師 昭晴
相性 · 2021/02/16
恋愛が結婚に進む過程だが、文字通り過程なのでお互い好きになることが優先視される。 そのため、恋愛が目的であるカップルは調候と神殺を中心に相性診断をする。恋愛は理性的なものより感情的なものだから!

【お金】に対する考え方| 世田谷区の電話占い鑑定師 昭晴
占いサロン · 2021/02/14
人の性向の中には、未来よりは現在の楽しみを追い求める人のお金に対する考えと、現在は多少不便でも未来の幸せを考える人のお金に対する考えは完全に違う。 もちろん、それなりの性向と価値観があるため、どちらが正しいか間違っているかを断定することはできない。

【四柱推命の達人】になるには| 世田谷区の電話占い鑑定師 昭晴
四柱推命の理解 · 2021/02/12
四柱推命を鑑定するということは、人生の変化を観察するということだが、それは鑑定する人の観点によって結果が非常に変わる。 まるで写真を撮る時、ある方向のある角度によって撮られる物のイメージが変わるのと同じ理屈だ。

四柱推命の理解 · 2020/12/14
​財星の次にサービス精神の良い通変星が官星だ。。 官星は、それ自体が約束であり常識だ。すなわち、契約どおり履行するという意味だ。与えられたことだけ、常識的なことだけ... そのような理由で官星は非常に合理的だ。

四柱推命の理解 · 2020/12/10
通変星の中でもっともサービス精神が透徹している。。 相手と一緒に心を交わすのが食傷ので、サービス精神が最も優れているのは当然だ。 親切で、よく笑って、相手が物足りないと思ったら何でもあげようとして··· このような部分が食傷(特に食神)の気質だ。

四柱推命の理解 · 2020/07/22
四柱推命学の宮星論から見れば、年支は家柄、月支は父母を意味する。 したがって、伝統相性では年支を重視した。今もそんな場合が多いが、昔の結婚はほとんどが家柄の出会いだから。 年支は家柄、月支は父母、日支は配偶者、時は子供を象徴する。

占いサロン · 2020/05/26
四柱命式を解釈する上で核心要素であり、学ぶことも活用することも難しい部分である。 もちろん、基本は陰陽でその他にも季節、日干、格局など色々な解釈要素がありますが、 具体的で、事実的な相談には欠かせないのが五行と通変星だ。 ​

占いサロン · 2020/05/22
正官と偏官… いずれも日干を剋する通変星だ。 官と呼ばれる正官があり、殺と呼ばれる偏官がある。 陰陽の差異によって、正官・偏官と呼ばれ、両方とも日干を剋するため、相談時に法、規則、秩序と通弁する。 ​

さらに表示する