占いサロン

占いサロン · 2019/12/10
基礎のレベルでとどまっても、より深い学習を受けた人たちでも、みんなが共感するのは、『なぜもう少し若い時、四柱推命に接することができなかったのか』ということです。人生の道が見えるということを四柱推命を学んだ人たちはもっと感じます。 ​

占いサロン · 2019/12/08
四柱推命勉強をしている人たちからよく聞く言葉がある。独学や他の先生に授業を受けているが、理解度が落ち、勉強したことを命式に代入すると、曖昧な部分が多すぎるということだ。私はこれを理論に偏った弊害だと思う。 ​

占いサロン · 2019/12/05
運命とは決まったものではない。事前に未来を予測することができれば、いつでも活用して良い運にはそれを更に良くアップさせ、悪い運には邪魔する要素を事前に予測して悪運を克服することができる。 ​

占いサロン · 2019/12/04
比肩の運は、一人で独り占めできた親の遺産、財産、官職、仕事、機会などを二つに分けて半分だけ勝ち取るしかありません。 ​

占いサロン · 2019/12/02
開運とは行動しなければ自然に起こるものではない。そのため、開運というものは決まっていないということだ。育児中の専業主婦の場合の場合、概して開運はあまり起こらない。なぜなら、家の中で子供を育てるから、社会的な活動をしないから開運がよく発生しないのだ。 ​

占いサロン · 2019/11/30
命式の分析と運勢予測のカギは、通変星(六神)が持つ本来の気質ではなく、主人公(日干)と他の六神との利害関係にあると言っても過言ではありません。 ​

占いサロン · 2019/11/26
「私たちが世の中を生きながら、自分にどのようなことが起こり、どのような人生を生きていくのか」という疑問に筆者が答えれば、「私たちの人生を幸せに生きていく方法に正解はない」というのだ。 ​

占いサロン · 2019/11/24
私たちは人生を生きていく中で、多くの選択にぶつかることになります。このような選択の岐路に立って、果たして自分がどのような道を進むべきかについて、ほとんどの人はかなりの葛藤と悩みを抱えています。 ​

占いサロン · 2019/11/12
良い運の流れに否定的な影響の中で最も大きいのは、努力なしに世の中を「タダ」で生きようとする場合だ。なぜこのようなことが起こるかというと占い師たちの中で「運命は決まっている」と確定的に断定してしまうため、まるでこれが定説のように認識してしまった理由である。 ​

占いサロン · 2019/11/09
占いを勉強している理由は、ほとんど本人と家族、または運命を知りたい、または占い師になるためだ。 私もそんな理由から勉強を始めたが、今はちょっと違う角度から見ている。 決まった運命を知れば果たして幸せだろうか? ​

さらに表示する